ジャガイモの手軽な食べ方|~レンジでチン~

どうも、ヤマーデイリーです。

先日、我が家の畑で育てていたジャガイモの収穫を行いました。畑といっても、家庭菜園で使用しているような小さな畑です。

ジャガイモ生産地の北海道のような広大な畑ではないのが残念?なところです。実際に北海道に行ったことはないので、そんなジャガイモ畑は映像でしかみたことがないですが、視線の先に延々とジャガイモの葉で覆い茂っているような畑の光景は実際に見てみたいものです。そんな広大なイメージのほかにも、北海道は料理が美味しいというイメージもありますので、機会があれば是非ともいってみたいところです。

それに比べて、毎年同じ小さな畑で育てている我が家のジャガイモは、連作の影響かわかりませんが年々収穫量が減っているような気がします…。

まあ、実際に収穫した野菜は販売するわけではないので、食べれるだけの量が収穫できればよしとしています。

 

というわけで、今回はジャガイモを手軽に食べれる方法を紹介していきたいと思います。

料理方法はいったい?

あっさり紹介しますと、ジャガイモを電子レンジで加熱して、ほくほくのジャガイモを食べるといった感じです。

簡単にできる料理ですので、ちょっとなにか食べたいと思ったときなどにちょうど良いかと思います。

必要なものは、ジャガイモ。そして、お好みに応じて、塩やバター、マヨネーズといったジャガイモに味付けするもの。調理用具としては食品用ラップフィルムが必要です。

後はジャガイモを電子レンジで加熱するのですが、その前に簡単な下準備が必要になります。

まずはジャガイモをよく洗う。

ジャガイモの爆発を防ぐため竹串やフォークなどで穴をあける(あけなくても大丈夫そうですが、私は念のため穴をあけています)

ジャガイモに水がついた状態のままラップで包む。

大きさにもよりますが、600Wで3分ほど加熱する(ジャガイモの大きさで加減してください)

出来上がったジャガイモに、お好みの味付けをして、完成です。

 

以上がジャガイモの簡単な食べ方です。電子レンジを使用するだけで、おいしく食べられますのでお手軽かと思います。

調理の際の注意点

ただ、加熱したジャガイモは大変熱くなっていますので十分ご注意ください。熱いうちに食べようと思ってすぐに皮をむこうとしたら、やけどしそうなぐらい熱くなっていましたので…。

この方法で食べると、ジャガイモ本来の甘みや匂いを感じることができますので、そのまま食べても美味しかったです。

塩をかけたり、バターを塗って食べたりと、さまざまな味付けができるので、自分の一番ベストな味を探してみるのも良いかもしれません。私も次回つくるときは、ケチャップとかでいろいろと試してみようかと考えています。

ジャガイモは一年中店頭に並んでいますし、手軽な値段で購入することができます。さらに、ジャガイモを使った料理というのはたくさんありますから、安いときに多めに買っても、十分使い道があるかと思います。あまったジャガイモで、作られてみてはどうでしょうか?